岩手大学技術部情報技術部情報技術室について

概要

岩手大学技術部情報技術部情報技術室(以下、当技術室と表記)は、技術系専門職員の能力・資質の向上と優れた人材の確保・育成及び技術の啓発・保存を図り、本学の教育研究支援業務の円滑な遂行に資するため、岩手大学技術部の下に設置された組織です。情報技術は大学構成員全員が享受すべき技術分野であり、その技術を本学へ寄与することを目的としています。

当技術室は、技術部長を筆頭とし、次に技術系専門職員を統括する技術室長を置き、その下にシステム開発グループ、システム運用グループの2つのグループを置きます。図1に当技術室の組織図を示します。

当技術室は、平成19年度に当時の工学系技術室から分離独立し、平成20年度より事務組織と合流し、岩手大学総務企画部情報企画課と兼任となり、全学支援を前面に出した組織に生まれ変わりました。

現在、当技術室は9名のスタッフを擁し、本学の業務効率化に資する諸般の技術開発、全学の情報インフラの整備や保守管理、教育・研究及び社会貢献に関する技術支援等を行っています。また、技術研修の開催や各種の技術研究会や研修会などへの参加を通して構成員の技術向上と研鑽および技術の啓発に取り組んでいます。

図1 岩手大学 技術部情報技術部 情報技術室の組織図

グループの業務について

当技術室の構成員は2つの技術専門グループに所属しています。各グループの業務については以下の通りです。

・システム開発グループ
(1) 各種情報システムのハードウェア、ソフトウェアの設計・開発および企画・導入
(2) 教育研究支援に係る技術開発
(3) システム開発に関する情報技術の収集
・システム運用グループ
(1) 教育研究設備の管理・運用および企画・導入
(2) 教職員及び学生への技術指導
(3) 計算機資産の管理及び監査
(4) システム運用に関する情報技術の収集

情報技術室での技術部の活動

1.研修等の実施

当技術室の主たる業務であるシステム開発および運用に携わる技術系専門職員の技術水準の向上と技術の啓発、相互理解などを目的として各種技術研修を実施しています。さらなる技術の研鑽のために全国的な技術発表会や交流会などへ積極的に参加しています。

2.社会貢献

国や自治体の研究機関や民間の団体に対する技術指導や助言、学会や各種団体が主催する会議や委員会などへの出席 、及び各種団体が開催する技術講習会や講演会の講師などを通して社会貢献に努めています。

3.広報活動

岩手大学技術部で、毎年1回発行している「岩手大学技術部報告」を通じ、当技術室の活動状況を学内、学外の関係者に公開しています。

業務依頼について(学内限定)

当技術室では、岩手大学内の各種情報システムやネットワークについての業務依頼を受け付けています。
詳細はこちらのページをご覧下さい。

お問い合わせ

名称: 岩手大学技術部 情報技術部 情報技術室
住所: 〒020-8550
岩手県盛岡市上田三丁目18番8号 岩手大学情報基盤センター
電話: 019-621-6096